船長のおすすめ料理


⋆本命の魚が釣れなくても新鮮な魚、ひと手間で美味しい晩酌のあてに

もし、魚のひれで刺されたら、患部をすこし熱い目のお湯に浸けていると楽になります

トップページ
龍神丸の設備
釣りカレンダー
おすすめ料理
アクセスとヘルス
大王崎の気象情報

志摩の天気
釣果情報


料理一覧


マダイの皮霜作り

ソマカツオの沖なます

ハタマスのちり蒸し

シイラの焼きちらし

ソマカツオのじぶ鍋

チカメのそぎ造り

サメのたれ

シキシマハナダイの蕪蒸し

バタ貝のマヨネーズ焼き

ウツボの干物唐揚げ

ヒメの唐揚げ

ヒメダイの姿造り

ハチビキの手こね寿司

赤イサギの煮付け

真珠の貝柱の調理法

鯛かぶら

タコ柔らか煮

メバルの割烹煮 

ひれ酒の作り方

メダイのしゃぶしゃぶ鍋

鬼カサゴの薄造り


アマダイの風干し

ウマズラハギの肝鍋

イサギのたたき
  鬼カサゴの薄造り
  活け〆した魚を毒ヒレを取り除き水洗いして3枚に卸し中骨を骨抜きできれいに取り除き皮を引き薄く削ぎ切りにしていく皮はお湯に通して刻み付け合わせにするもみじおろしを添えて特製ポン酢でさっぱりとお召し上がりください。取り扱いはくれぐれも気を付けてください刺されたらさしみ何処ろの話では有りませんよ。しかし、身は絶品です釣りに行かないと味わえない味です
  アマダイの風干し
  アマダイを水洗いして背開きにして頭も割り海水濃度の塩水を作り開いた魚を1時間ほど浸し頭を串で広げるように風干しにする表面が乾いてきたら出来上がりそのまま焼いて仕上げに日本酒を掛けると香り良く仕上がります残った魚はラップして冷凍庫で保存すると日持ちします蒸しもの揚げ物などに使えます
  ウマズラハギの肝鍋
  冬の時期、肝が美味しいウマズラハギを活け〆して口を切り腹の下の骨に切り目を入れて頭の方に引っ張って取り、皮を剥ぎ水洗いして肝を壊さない様に内臓を取り除く砂が入っているので丁寧に取り除く。鍋に寄せ鍋の出しをつくり野菜と一緒に煮て最後に肝を入れて火が通ったら取り皿に溶いて食べます
  イサギのたたき
  冬が旬のジャンボイサギをたたきでお召し上がりください、脂の乗ったイサギを水洗いして3枚に卸し中骨を骨抜きで綺麗に取り除き、金串を刺し両面に振り塩して皮目をしっかりと焼いて氷水に取り、冷やして水気を取り、そぎ造りにして好みの薬味を添えて特製ポン酢をかけてお召し上がりください。
    イサギの眞子の旨煮
    梅雨イサギの時期だけの副産物です
水洗いして内臓を出す時崩さない様に眞子を取りだし、1口大に切り熱湯に入れて霜降りして水に落とし、酒味醂、薄口、砂糖を合わせた出しに薄切り生姜を入れて15分ほど弱火で煮る
     前ページへ    次ページへ