御注意 リール専用のバッテリー130Ahを搭載していますが、電動クラッチ機種は電圧不安定で不具合を生じる可能性がございます
      湾内走行中は横に竿を出さないでください 網の竹が沢山立っていて折れるおそれが有ります
      竿リールの落下防止の為に尻手ロープを必ず取り付けてください

     釣果情報       布施田漁盛会    鳥志波会 会員

    
*僚船と情報を取り合いより良いポイントへご案内します

   トップページへ

釣り場と燈台の位置

大王崎燈台は西よりの風は風裏に
成る

御座岬灯台は東よりの風は風裏に
成る

伊良湖燈台は大王東沖に行く時に
伊勢湾からの吹き出しの風で参考
になる


伊勢、鳥羽で波浪注意報が出たら
大王東沖も要注意です




        ヨロイダイ
 大変美味な魚です棄てないで

         ヒメダイ
  大変美味な魚です棄てないで

 

     ヤイトカツオ
  大変美味な魚です棄てないで



      赤ヤガラ
  大変美味な魚です棄てないで




 イサギ五目で出船しました。急に出来た台風が接近中です。潮は相変わらず早く当りは出ました。澄潮で本命は出ませんでしたが、最後に大物が掛かりサメかと思っていましたが手元まで来たら10kg位のキハダで前回、逃がしたので今度こそと思いましたがまた、バレてしまいました

水温 29.1度 海上 南の風 うねり
底潮 おもり 80号

イサギ メイチダイ アカハタ シイラ 
グレ イシガキダイ フエフキダイ でした

 8/11
(木)
 
 イサギ五目で出船しました。潮が船場立っていて湾口は凪悪くクタクタしていました。沖は真潮で高は底潮でぶっ飛びで昨日からのストカーサメが待ち伏せしていて行き成りイサギを食いちぎっていき暫く
大変でしたが少ししたら居なくなり色んな魚が釣れてまずまずの釣果に成りました一人はメイチダイしか釣れないと10匹あまり釣れたのにイサギが欲しいとお客さんと魚をトレードしていました


水温 28.3度 海上南の風
底潮 おもり 80~180号

イサギ マダイ カンパチ メイチダイ
ヤイトカツオ ソマカツオ シイラ 
アミフエフキ(美味) グレ ウツボ でした

魚トレード比較(だいたい)
 シマアジ1 対 イサギ10
 メイチダイ5 対 イサギ5
 ヤイトカツオ1 対 本カツオ2
 アマダイ1 対 オニカサゴ1
 アラ1 対 オニカサゴ5
 アカムツ1 対 クロムツ1.5
登録抹消魚
 エソ シイラ サメ イラ ムロアジ
 ウツボ ツムブリ ベラ など
8/9
(火) 
 
 
 
 シマアジ五目で出船しました。潮が高と沖で反対に流れていて速く、朝一は何処へ行ってもサメが居て、最初は当りが出るものの、直ぐに遣って来て移動するも
最後の処でシマアジの猛攻がダブルも有り良い感じでしたが魚を止められず、直ぐに散ってしまい残念
でしたが土産はキープ出来ました
水温 27.3度 海上 南の風
底潮のち真潮 おもり 80~100号

シマアジ マダイ イサギ グレ 
ヤイトカツオ オウモンハタ テンス
シイラ エソ メイチダイ でした
 8/8
(月)
 
カツオ五目で出船しました。湾口が何時も大荒れだったので心配しましたが
今日は収まっていて雨予報でしたが10時前まで降らず晴れ間も出ました、潮は反対に流れていて行き成りマダイが釣れ良い感じでしたが後が続かず、移動すると今度はオウモンハタが立て続けに釣れ、潮が変わりカツオが釣れだし暫く入れ食いに成り、シイラに邪魔されながらもそこそこ上がり、終わり掛けに大物が掛かり、出ていくばかりで巻けず30kgのトンボも軽く上がったと言うので暫く、やり取りするも400mの糸が無くなりかけたので錨を上げて船をバックして糸ふけを取りながら回収していき、やっとリーダーまでたどり着き期待のキハダマグロかと思いきや2m超えの巨大サメで残念でした。14号でよく上がって来たものです


水温 28.7度 海上 東の風のち雨
底潮のち真潮に おもり 80号

ハリス6号6m2本針
カツオ狙い仕掛けはふかし
ハリス14号 6m 1本針


イサギ オウモンハタ オジサン
フエフキダイ マダイ 本カツオ エソ
シイラ 巨サメ シロヤガラ でした



 8/6
(土)
 
 
 
 イサギ五目で出船しました。出掛け湾口は大波で凪悪く、潮の流れ悪く当り無く知り合いが近くに居たので様子を聞いて移動しましたが今一で、何時ものポイントへ戻って、暫くしたら当りが出だし何とか土産をキープ出来ました

水温 28.6度 海上 南の風
イサギ マダイ メイチダイ アカハタ
カワハギ グレ サバ ツンブリ エソ
サメ フエフキダイ でした
 8/3
(水)
 
 カジキトローリングで出ました。鳥羽のビルフィッシュ大会が今一だったので心配しましたが取り合えず、キハダ
ジギングの聖地、志摩海脚とカジキの聖地、安乗口海底谷を見に行きましたが全く当り無く、諦めモードで帰り際
居眠りをしていたら行き成りリールの唸り音が鳴り響き慌ててバレて仕舞い暫くしたら又、ヒットして最初よりかなり大物でしたがまた、バレてしまい諦めずに流していたら又ヒットして最後は
しっかり掛かり、全部の道具を固唾て抵抗して中々仕留められませんでしたが何とか上がりました

水温 28.3度 海上 南東の風
赤牛 トップガン 夜光貝 房州アワビ

真カジキでした
 8/2
(火)
 
 
 家族で釣りをしたいとカツオ五目で出船しました。台風明けで心配でしたが着くと直ぐにナブラが出て、キハダが
ジャンプし期待していたら直ぐに良型のヤイトが来てカツオが続きその後
強烈な当りが何度も有りましたが獲れず後半は入れ食いに成って来てました

水温 28.6度 海上南東の風 うねり
真潮 おもり 80号

イサギ アカハタ ホウセキハタ
ツンブリ 本カツオ ヤイトカツオ
シイラ ベラ エソ でした
 7/31
(日)
 
 イサギ五目で出船しました。旅行の序に少し釣りをしたいと一人で出ました。
チェックアウトまでの少ない時間でしたが、潮は良く流れていて、この間は居なかったキハダがバンバン飛んでいてエサを下ろすとムロアジが湧いていて掛かっても出ていくばかりで手で止めると一瞬で切れてしまいました。近くの船はカツオとヤイトを釣ってました

水温 27.3度 海上南東の風 うねり
真潮 おもり 100号

イサギ アカハタ ムロアジ サバ
でした
 7/28
(木)
 
 イサギ五目で出船しました。凪良く潮と風が反対でしたが朝内は当りが有りボチボチ釣れました。後半はサバに押されて大変でしたが多種類の魚が釣れて土産はキープ出来ました

水温 26.4度 海上南東の風
真潮 おもり 80号

イサギ マダイ オウモンハタ サバ
オジサン カワハギ ウスバハギ
フエフキダイ
 ムロアジ でした
 7/25
(月)
 
 イサギ五目で出船しました。朝内は潮も少し流れていてボチボチ釣れましたが潮が止まって風が変わったら当りも無くなり移動したら赤潮が流れて来て最後に移動した処で入れ食いに成り
まずまずの釣果に成りました。


水温 26.4度 海上 南東の風
真潮のち底潮に オモリ80号

イサギ メイチダイ ウスバハギ
ホウセキハタ ガシラ サバ
フエフキダイ エソ サメ でした
 7/24
(日)
 
 北海道から志摩の釣りをしたいと遥々遣って来てくれました。向こうにはマダイやイサギは居ないみたいで、昨日と潮が反対でしたが当りは出て、暫くしたら潮目が来て船がフラフラに成り潮が止まってサバしか当たらず、移動してシマアジメイチを狙いましたがマダイとアカハタでした

水温 25.3度 海上南東の風 うねり
真潮のち動かず

イサギ マダイ オウモンハタ エソ
カサゴ シイラ サバ アカハタ
フエフキダイ でした


追伸
今日も志摩の海が負けました。
昨日当たった遠藤がコロナで今日から休場に成りました
 7/22
(金)
 
 イサギ五目で出船しました。昨日までの悪天候の影響が残っていて大うねりでした。潮は二枚潮でしたが当りは良く出てCMでお馴染みのオジサンが沢山釣れ、エサが効いて来ると例の奴が
現れ、行き成り強烈な当りが出て、リールが反転して止らず、ドラグを絞めておらえると、あっという間にハリス6号が
何度も切れてしまいました。ワラサや
シイラは簡単に獲れるのに一溜りも有りません
でした

水温 25.3度 海上南東の風大うねり
上は底潮で底は真潮 おもり 80号

マダイ ハナダイ メイチダイ
ワラサ オジサン オバサバ シイラ
オウモンハタ イサギ でした
 7/21
(木)
 
 シマアジを釣りたいと出ましたが潮が動かず当りが出なかったので、沖へ移動して暫くしたら潮が動き出し、完全ふかせをしたいと言うので二刀流でエサを撒いていたら、行き成り良型のヤイトカツオが立て続けに上がり、その後
強烈な当りが何度か出て仕掛けがことごとく切られてしまい、近くで30kg位のキハダマグロがジャンプしたので仕掛けを14号に変えたら、直ぐに大物が
上がり何とか土産をキープ出来ました


水温 27.0度 南西の風 大うねり
真潮 おもり 80号
完全ふかせ仕掛け 
ハリス 14号 針 13号 2本

イサギ メイチダイ ガシラ エソ
キハダマグロ ヤイトカツオ グルクン
シイラ サバ アイゴ でした

白アマダイの情報を入手しました
思わぬところに居るそうですので今度機会が有ったら行って見ます
 7/18
(月)
 
 アマダイ五目で出船しました。予報があまり良く無いので様子を見ながら出ました。朝内は凪良く雨も降らなくこのまま持ってくれないかと期待しましたが
潮も少し流れていてボチボチ釣れて
型も良くなってきて、これからと言う時に真っ黒けの雲が近ずいて来たかと思ったら、行き成り土砂降りの雨が降って来て一度はやり過ごしましたが暫くしたら、今度は雨風強く成って来て荒れ模様に成り、諦めて帰りました。朝内色々釣れたので土産はキープ出来ました

水温 27.0度 会場凪のち大雨
真潮 おもり 150号
オキアミ ホタルイカ カツオの腹も
サバの切り身 

オニカサゴ カサゴ レンコダイ
マダイ チカメキントキ アカイサギ
沖メバル ヒオドシ アマダイ ヒメ
水フグ ムロアジ でした


追伸 
 和具出身の志摩の海が結婚しましたが地元の名古屋場所で絶不調で早くも負け越しました残念です

 隣の布施田出身のプロゴルファー 浦口祐輔プロが三重県オープンで2度目の優勝しました。昔、プロに成りたての頃、何度か一緒に後ろから回らしてもらいました。一度だけロングドライブしたことが思い出します。
 7/16
(土) 
 
 
 鬼カサゴ五目で出船しました。凪良く風も弱く、上凪でしたがうねりが少し有りました。貸し道具で志摩の底物、初挑戦で釣りはあまりやった事が無いとのことでしたので原発魚礁周りを流しました。
底取りが大変そうで、暫くしたら船酔い気味に成って、次々にダウンしてしまいました。前で頑張っている方はボチボチ釣れて土産はキープ出来ました
。このところ全然、顔を見せて居なかったチカメキントキの良型が良く釣れました。

水温 26.5度 海上 北東の風 うねり
真潮 おもり 200号
カツオの腹も ホタルイカ

オニカサゴ カサゴ アマダイ
沖メバルレンコダイ チカメキントキ
ヒメ サバ ヒオドシ でした


速かった潮も西側は少し落ち着いて来ました。潮目がはっきり出ていて内側に入ると極端に潮は収まり、上潮が少し動く感じですが、外側から東側の方はまだ
ぶっ飛びで大変です。だんだん東に移動して行きますので収まる感じです

本カツオが回って来ているので気を付けて下さい。油断すると道具を全部持って行かれます

7/9
(土) 
 
 
 底物狙いで出船しました。思いがけない台風崩れの影響で出れるか、心配しましたが収まり出れましたがポイントに着くと凪は良かったですが潮がぶっ飛びで
底が取れず、早々に諦めて鬼かさごに変更して移動しましたが、潮は変わらず速く、挙句に雲行きが悪くなって来たと
思ったら急に土砂降りの雨に見舞われてと大変な日でしたが良型も出て何とか土産をキープ出来ました。

水温 26.3度 海上南東の風 うねり
真潮 おもり 200~600号
カツオの腹も ホタルイカ

オニカサゴ カサゴ アマダイ サバ
オオアジ チカメキントキ レンコダイ
水フグ でした


黒潮が志摩半島に接岸中
S字に蛇行して前回と同じ様に真潮が
ぶっ飛びです。本流付近で4ノット位出ていてあっという間に流されて浅場に来ると多少は収まるので底さえ取れれば釣果は出ます

追伸
大鬼をしまう時最後の抵抗に合い3ヶ所もしっぽ付近で刺されてしまいました。
暫く血が止まらずズキズキとしていて、
帰るころには赤ちゃんの手の様に腫れたそうで災難でしたが、味は抜群でしたと連絡が有りました。痛み止めにはコロナワクチンで副作用が出た時に飲む
ロキソニンが良い見たいです。一番は
油断せず刺されないことです


志摩で釣れる要注意の毒を持つ魚
鬼カサゴ(小さくても同じです)
アイゴ ミノカサゴ ハオコゼ ゴンズイ
など、どんな魚にも多少の毒は有ります

本オコゼは内海で余り釣りでは見かけませんがもし刺されたら迷わず病院に行って下さい大変なことに成ります
経験者は語る 大阪時代2度刺されて
梅田の行岡病院に救急で行きましたが二回目の時は院長に又、あんたかと言われましたが三日寝込みました
7/7
(木)  
 
 
 イサギ五目で出船しました。梅雨が明けて毎日、熱中症予報が出ていて大変な日が続き、今日も心配されるので気を付けて出ました。相変わらず貼りだした高気圧の影響でうねりが有り、潮が勝って居るので横波に成り、クタクタしていてテントが張って有るので直射日光は裂けられ、風が有るので何とかやれました。朝一から当りが出て、ボチボチ釣れましたが満潮に成り、当りが止まり移動して又、当りが出だし強烈な当たりが何度か有りましたが細ハリスで獲れませんでした

水温 26.5度 海上南東の風 うねり
真潮 おもり 80号

イサギ マダイ イラ ガシラ アカハタ
フエフキダイ オジサン でした
7/1
(金)